1671

クリニック経営ブログ

クリニック経営もストーリーを描くことの重要性【ネタバレ無し】

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 主宰 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

2019年12月20日

一体どれ程、この日を待ち望んだことでしょうか。

この日はスターウォーズ(以下SW) エピソード9の公開日であると同時に、40年に渡る一大サーガが幕を閉じる日でもあります。

何とか当日に観たかった私は、持ち前の執念深さで「カウントダウン上映」なるものの存在を知り、大阪の地で12月20日の24時からSWの世界観を堪能してきました。

※この投稿には、今作のネタバレは一切ありませんので、ご安心してお読み下さい。

これだけ多くの人に愛され、熱狂を提供してきた作品に闇の部分(ダークサイド)が無かろうはずはありません。

「ディズニーが関わってから、内容がおかしくなった」

「エピソード8は、まれに見る駄作である」

「エピソード7、8を観たジョージ・ルーカスは泣いているのでは?」

私もネットで散々酷評の数々を読みました。

しかしこれは、それだけ関心が高いことに他なりません。私は「何事も支持率50%が丁度良い」と考えていますので、むしろこれらの酷評は、却ってSWの価値を高めていると思います。

で、SWがどのようにクリニック経営に絡む話に繋がるのかと言いますと、SWに限らず、素晴らしい物語には、

ひとりひとりのストーリーが細部にまで描かれている

という特徴があり、それはクリニックに関して言えば、

・初診で来院した患者さんが、自院への受診を通じて、どのようになって頂くことを描いているのか?

・自院に就職した人材が、仕事を通じて如何に人財へと成長していくのか?

ということを、思い描くのと、描かないのとでは、結果が大きく変わるのではないかと思うのです。

実は医経統合実践塾でも、

「ご参加頂いた院長先生やスタッフ様が、第4回を終える時、どのような状態になって頂きたいのか?」

ということを思い描きながら、各回のストーリーを構築しています。

おひとりのスタッフ様に全4回のご参加をお願いしているのはこのためです。

実践塾スタート当時からこのことを真剣に考え、実践と改善を積み重ねたからこそ、ご参加者数10名様から289名様へと日本でもベスト3に入るクリニック経営セミナーの規模になったのだろうと思います。

そして、この挑戦はまだまだ終わりません。

来年の実践塾は、ご参加頂いた全てのゲストのお力を引き出せるよう、更に精進を重ねます!

医経統合実践塾 正会員様の詳細・お申し込みはこちらです!

医経統合実践塾 DVD会員様の詳細・お申し込みはこちらです!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン