0

クリニック経営ブログ

クリニック経営ブログ

休業中にも続々とお申込み!

こんにちは。根本和馬です。

弊社は12月30日から1月4日までお休みを頂いております。

休業の間にも既に実践塾にご参加頂いている院長先生からご紹介を受けられた先生のご新規の実践塾お申し込みや、来春にご開業を控えられた先生の商品のお申し込みなど、続々とご連絡を頂いております。

お休みにも関わらず、お申込み頂きありがとうございます!5日から対応させて頂きますので、しばしお待ち下さい。

■実践塾は来年10年目を迎え、この間にセミナーの質、運営レベルどちらもレベルアップしたこと

■レベルアップしたことが、実践塾2021の現時点でのお申込み数277名様、今年から来年へのご継続率84%と、数字として結果が出ていること

■たった1年間で「846事例」という、他社ではあり得ない程の、ご参加医院様が取り組まれている最新事例が集まること

■ゲスト講師が他社では考えられない程、豪華であること

などの理由から、明日1月1日から実践塾のご参加費用を値上げさせて頂きます。

ご新規でお申し込み下さるクリニック様や、まだ来年へのご継続のお申し込みを頂いてないクリニック様は、値上げした金額でのご参加となりますので、ぜひ今日(12月31日)中にお申し込み下さい!

1月1日から値上げします!『医経統合実践塾2021』の詳細・お申し込みはこちらです!

リーダースタッフ育成本について

こんにちは。根本和馬です。

先日コンサルティングにお伺いした際

「根本さん、今リーダースタッフ育成について執筆しているのですよね?その本はいつ頃出るのですか?」

とご質問を頂きました。

私の本を楽しみにして下さっていることに感謝すると同時に「同じように思われている先生、スタッフ様がいらっしゃるかも知れないな」と思い、今回のブログを書くことにしました。

実はコロナ前は2020年中に刊行しようと思ってました。それがコロナに伴い延期し、現在は

「2021年中に刊行予定」

としております。

2ケ月前くらいまでは「2021年の2~3月頃かな」と思っていたのですが、コンサルティングにお伺いしている中で

・多くの人が体調を崩しやすい時季とされる冬
・冬の時季は、目の前の診療だけで大忙し
・今年は検温したり、クリニック様によっては釣り銭を滅菌しているところもあり、特にやることが多い

このような状況下でリーダー育成の本を刊行しても、お読みになる時間の捻出と、お気持ちの余裕が生まれづらいと考え「来年の3月頃→来年中」と、刊行時期を延期した次第です。

しかし多くの院長先生が「自分の代弁者となるリーダースタッフをどうすれば育成出来るのか?」をお悩みなのは間違いありませんので、本書は必ず世に出します。

楽しみにして下さっている院長先生、スタッフ様、そして原稿をお待ちの出版社の方々にご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、どうかもうしばらくお時間を下さい。

今のところ6冊、クリニック経営に関する本を刊行しておりますので、お待ちの間、ご興味ある本がありましたら、お読み頂けたら幸いです。

これまでの刊行作品はこちらです。

会社の数字は通知表

こんにちは。根本和馬です。

経営者にとって、会社の数字って通知表と一緒ですよね。

昨日はコンサルティングで地方にいましたので、メールで今年から来年への実践塾参加のご継続率をメンバーに問い合わせたところ、

回答があるまでは、通知表を受け取る前のようなドキドキがあり、その後

83%(正確には82.5%)

との報告に

・嬉しい
・本当にありがたい
・ほっと一安心
・来年は更にご期待を上回らないと、という緊張感

が、一気に押し寄せました。

スタッフ様にも仕事を通して輝いて欲しいという院長先生のご期待に少しでもお応え出来るよう、これまで以上に全力投球します!

来年1日からお値段が上がりますので、お早めにお申し込み下さい。

現在263名様がお申し込み!ご継続率は83%!『医経統合実践塾2021』の詳細はこちらです!

名古屋会場 正会員様は満員御礼・キャンセル待ちです。他の会場も残りのお席わずかです!

今朝メールチェックして驚いたこと

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 医経統合コンシェルジュの木口です。

昨日、弊社商品

『クリニックスタッフ評価制度構築完全マニュアル』について、18日(金)までにお申し込み頂いたクリニック様は、通常価格9万円から2万円引きの7万円(税別)でご提供

というご案内をしましたが、今朝メールチェックをして、お申し込みの多さに驚きました。

お申込み頂いた医院様、ありがとうございます!

やはりこの時季、多くの院長先生はスタッフ様の評価や、賞与をどうされるのか、苦慮されるのだなと改めて感じました。

本商品は、院長先生だけでなく、スタッフ様用のテキストを2冊、同封しますので、スタッフ様とご一緒に医院様に合った評価制度を作ることが出来るのが、大きな特徴です。

※到着した商品をスタッフ様が受け取られることも想定し、商品が入った箱に「スタッフ評価制度」と記載しませんので、ご安心下さい。

特別価格でのご案内は18日(金)18時まで、です!ぜひお申し込み下さい!

私や医経統合コンシェルジュの倉元へのフェイスブックアカウントやインスタグラムからのメッセージという形でもお申し込みを承ります!

113医院様への導入実績!「もうスタッフの評価や賞与に悩みたくない!」という院長先生は、こちらをお読み下さい!

今年の「このミステリーがすごい!」から決意した2つのこと

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、医経統合実践会 医経統合コンサルタントの根本和馬です。

毎年この時期になると発表される「このミステリーがすごい!」。

毎年欠かさず1位作品は読むようにしています。

最新2021年版の第1位は

『たかが殺人じゃないか ~昭和24年の推理小説~』

で、驚くべきは著者が88歳であり、何と本作の続編を今後執筆予定とのことす。

「その時には91~92歳かな」と、著者のインタビューを読んで、年齢とは「数字」ではなく「意識」なのだと、つくづく感じます。

「もう俺も40を超えたからなぁ」と思う人もいれば
「まだ40で、人生の半分も生きてないっしょ」と思う人もいる。

後者の意識で、2021年も新しい挑戦を続けたいと、改めて著者のインタビューを読んで、決意を新たにしました。※これが決意の1つめ。

もうひとつ、このランキングで痛感するのは、1位と2位の差です。

この作品が1位であることが発表された途端、本には「1位!」の帯が巻かれ、本屋のかなり目立つ位置に平積みされています。

しかし2位からは、そのような扱いは全くありません。

2位からの作品をじっくり観察すれば、上位にランクインされたことは分かるのかも知れませんが、それにしても1位との扱いは歴然で、それはそのまま部数にも大きく影響します。

クリニック専門の経営コンサルタントとして、また、コンサルティング会社として、お客様にとって1位でありたいと、今年の「このミステリーがすごい!」を読んで、決意を新たにしました。※これが決意の2つめ。

追伸ですが、来年はリーダースタッフ育成に関する新刊を刊行予定です。全く執筆が進んでませんが(汗)

医療機関に向けた本であり、コロナがある程度収束しないと読者様が読む気にならないと思いますので、タイミングを見て刊行したいと思います。

お楽しみにお待ち下さい!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2022

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン