156

クリニック経営ブログ

紹介カードを作ろう!

クリニック、診療所の経営コンサルティングを実施しています、
内科 眼科クリニックの経営コンサルタント 根本和馬です。
前回「紹介ありの新患」を増やす事の重要性をお伝えしましたが、
今回はその具体的手法をご紹介します。
紹介ありの新患を増やす上で、簡単に作成出来るのが
「紹介カード」です。
紹介カード.JPG
この写真にあるように「紹介カード」とは、
その名の通り「紹介して下さい」と書かれているカードです。
コンサルティングの中で「紹介カードを作りましょう」とご提案した際
「医院名や住所、電話番号が書かれている”医院カード”のような
カードではダメなのですか?」とご質問を受ける事もあります。
もちろん医院カードではダメという事はありませんが、
より反応が良いのは「医院カード」よりも「紹介カード」です。
そして紹介カードは上記クリニックのように待合室に
自由に手に取れるようにしておく事が大切です。
皆様のクリニック 診療所に対して好感を持ってくれている患者様ほど
持ち帰ってくれます。
「1ヶ月にどれ位の紹介カードが戻ってくると成功と言えるのですか?」
とご質問を受ける事がありますが、その際には「まず1ヶ月で2~3枚
(つまり2~3人の新患)が戻ってくれば、成功と思って下さい」
とお伝えしています。
まずは1ヶ月に2~3人の新患を目指して、紹介カードを作成、配布
されてみて下さい!
こちらの内容が学びや気付きになりましたら、ぜひ「いいね!」をクリックして下さい!
よろしくお願い致します。
過去のクリニック 診療所経営に関するブログのバックナンバーはこちらです!


最新の情報はフェイスブックで投稿中です!
よろしければ、下記アドレスからご覧下さい。
医経統合実践会のファンページはこちらです!

過去の記事

お申込み受付中

医経統合実践塾2019

ご相談はこちらから

045-548-4106

  1. ライン